コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンクラー うぃんくらーClemens Alexander Winkler

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンクラー(Clemens Alexander Winkler)
うぃんくらー
Clemens Alexander Winkler
(1838―1904)

ドイツの化学者。鉱山町フライベルクの生まれ。工業専門学校に通うかたわら、コバルト顔料を製造する父の工場で鉱物分析を身につけ、さらにフライベルク鉱山大学に学んだ。ニッケルやコバルトの精錬業に従事して、排出ガスに含まれる硫黄(いおう)酸化物に着目、硫酸の生成反応を研究した。1873年、母校の鉱山大学の分析および工業化学教授に就任。1875年には、合成染料工業に不可欠な原料である発煙硫酸の、接触法による製法を発表した。1886年、フライベルク産の銀鉱石を分析して新元素を発見し、ゲルマニウムと命名した。この元素は、メンデレーエフが周期律に基づいて予言したエカケイ素であることが認められ、周期律の正しさを確証するものとなった。そのほか、インジウムの研究、適定法や電気分析法の改良、また硫酸の研究においてガス分析法を改良するなど、分析化学に多大の貢献をなした。[内田正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィンクラーの関連キーワード硫銀ゲルマン鉱周期律

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィンクラーの関連情報