コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンブルドン現象 ウィンブルドンゲンショウ

2件 の用語解説(ウィンブルドン現象の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウィンブルドン‐げんしょう〔‐ゲンシヤウ〕【ウィンブルドン現象】

市場経済で、自由競争によって参入してきた外国企業に国内企業が淘汰されたり買収されたりすること。ウィンブルドンテニス大会で世界中から強い選手が参加するようになった結果、1970年代以降、地元イギリスの優勝者が出ていないことから名づけられた。ウィンブルドン化ウィンブルドン効果

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンブルドン現象
うぃんぶるどんげんしょう
Wimbledon effect

経済用語で、世界から優秀な事業者が集まり、市場は活況を呈する一方で、元々その場にいた事業者が活躍できなくなること。ウィンブルドン効果、ウィンブルドン化ともいう。ロンドン行われるウィンブルドンテニス大会になぞらえたことばである。テニスはもともとイギリスの発祥であり、1877年に第1回が行われたこの大会は、地元イギリスのアマチュア選手を対象としたものだった。ところが1968年にプロ選手の参加が認められて、賞金と栄誉を求めて世界中から強豪が参加するようになり、地元イギリスの優勝者が現れなくなった。
 1980年代のサッチャー政権下、イギリスは徹底した規制緩和を実行することでロンドン・シティを世界の金融センターとして復興させることに成功する。しかし、その一方で地元ロンドンの金融機関は買収などにより淘汰(とうた)されてしまった。このことをさして、ウィンブルドン現象と皮肉るようになった。地元企業が排除されることを批判する意味合いで使用するケースもあるが、市場として発展を遂げることのほうが経済効果が大きいとして、肯定的にとらえる見方もある。
 なお、テニス大会では、2013年に77年ぶりに男子シングルスでイギリス人選手、アンディ・マレーAndy Murray(1987― )が優勝した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィンブルドン現象の関連キーワードメガコンペティション混合経済市場経済社会主義市場経済市場価値自由競争競争原理市場競争市場原理主義二番手商法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィンブルドン現象の関連情報