コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィース巡礼聖堂 ウィースじゅんれいせいどう Pilgrimage of Church,Wies

1件 の用語解説(ウィース巡礼聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィース巡礼聖堂
ウィースじゅんれいせいどう
Pilgrimage of Church,Wies

ドイツ南東部,バイエルン州シュタインガーデン近郊にあるロココ様式の聖堂。当初は小さな礼拝堂であったが,所蔵する『鞭打たれるキリスト』の木像が涙を流すと伝えられたことからこの地への巡礼者があとを絶たず,1745年から 1754年にかけて D.ツィンマーマンの手により聖堂として建て替えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィース巡礼聖堂の関連キーワードベルヒテスガーデンマイン川ランツフートシュバーベンビース教会フュッセンプリーンワルハラ神殿バイエルン州立バレエ団ハフリンガー種 (Haflinger)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone