コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再臨 サイリン

世界大百科事典 第2版の解説

さいりん【再臨 Second Advent(Coming)】

イエスは世を去ったが,再び来て〈最後の審判〉を行い,〈神の国〉を完成するというキリスト教の信仰。ギリシア語の原語パルシアparousiaは〈来臨,臨在〉の意で,これには第1のそれと第2のそれとの区別はない。これは〈インマヌエルImmanuel〉(〈神われらと共に〉の意)をメシアの名とした《イザヤ書》7章14節の救済理解からくる。そこで第1と第2を部分と全体,不完全と完全の意味で区別しえても,別種のものとはなしえない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいりん【再臨】

( 名 ) スル
再びその場にのぞむこと。
世界の終わりに、キリストが最後の審判を行うため再びこの世に現れること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の再臨の言及

【アドベンティスト】より

…ラテン語の〈来る〉あるいは〈来臨〉を意味するアドウェントゥスadventusからきた名称で,キリストの再臨(再来)がすぐにおこることを信じる人々あるいは教派をさす。再臨派ともいう。…

※「再臨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

再臨の関連キーワードセブンスデー・アドベンティストセブンスデー・アドベンティストハーモニー・ソサエティビブリア・パウペルムプリマス・ブレズレンアドベンティスト派さまよえるユダヤ人アドベンティスト使徒キリスト教会ヨハネの黙示録アンチキリストアドベント運動アドベンチストペテロの手紙エホバの証人マフディー四重の福音根本主義者ミレニアム新使徒教会

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

再臨の関連情報