コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再臨 サイリン

デジタル大辞泉の解説

さい‐りん【再臨】

[名](スル)
もう一度その場に行くこと。
キリスト教で、昇天したイエスが、裁きと救いの成就のため、再びこの世に現れるという信仰。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さいりん【再臨 Second Advent(Coming)】

イエスは世を去ったが,再び来て〈最後の審判〉を行い,〈神の国〉を完成するというキリスト教の信仰。ギリシア語の原語パルシアparousiaは〈来臨,臨在〉の意で,これには第1のそれと第2のそれとの区別はない。これは〈インマヌエルImmanuel〉(〈神われらと共に〉の意)をメシアの名とした《イザヤ書》7章14節の救済理解からくる。そこで第1と第2を部分と全体,不完全と完全の意味で区別しえても,別種のものとはなしえない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいりん【再臨】

( 名 ) スル
再びその場にのぞむこと。
世界の終わりに、キリストが最後の審判を行うため再びこの世に現れること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再臨
さいりん

キリストの再臨」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の再臨の言及

【アドベンティスト】より

…ラテン語の〈来る〉あるいは〈来臨〉を意味するアドウェントゥスadventusからきた名称で,キリストの再臨(再来)がすぐにおこることを信じる人々あるいは教派をさす。再臨派ともいう。…

※「再臨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

再臨の関連情報