コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス Concentus Musicus,Wien

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス【Concentus Musicus,Wien】

古楽器を用いた古楽演奏団体。オーストリアのチェロ奏者,指揮者のアルノンクールNikolaus Harnoncourt(1929‐ )が1952年に結成した。公開の演奏活動は57年からで,オリジナルの楽器を用い,ルネサンスおよびバロック期の演奏習慣に則した演奏をめざす。66年のJ.S.バッハの《ブランデンブルク協奏曲》の全曲演奏によって名声を確立した。古楽に対する深い造詣にささえられた演奏は堅実であり,今日の古楽運動の先頭に立つものといえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの関連キーワードニコラウス アーノンクールモザイク四重奏団アーノンクール古楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android