コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス Concentus Musicus,Wien

1件 の用語解説(ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス【Concentus Musicus,Wien】

古楽器を用いた古楽演奏団体。オーストリアチェロ奏者,指揮者のアルノンクールNikolaus Harnoncourt(1929‐ )が1952年に結成した。公開の演奏活動は57年からで,オリジナルの楽器を用い,ルネサンスおよびバロック期の演奏習慣に則した演奏をめざす。66年のJ.S.バッハの《ブランデンブルク協奏曲》の全曲演奏によって名声を確立した。古楽に対する深い造詣にささえられた演奏は堅実であり,今日の古楽運動の先頭に立つものといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスの関連情報