コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランデンブルク協奏曲 ブランデンブルクきょうそうきょくBrandenburg concertos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランデンブルク協奏曲
ブランデンブルクきょうそうきょく
Brandenburg concertos

J.S.バッハの6曲から成る協奏曲。 1718~21年頃作曲され,バッハが仕えていたケーテン宮廷楽団のレパートリーの一部をなしていたものを,ブランデンブルク辺境伯の求めに応じて清書して献呈したものである。各曲ごとに楽器の編成が異なり,バッハの豊かな創意を示す器楽の代表作となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブランデンブルクきょうそうきょく〔‐ケフソウキヨク〕【ブランデンブルク協奏曲】

《原題、〈ドイツ〉Brandenburgische Konzerteバッハ作曲の6曲からなる協奏曲集。各曲は楽器編成が異なる。1721年、ブランデンブルク辺境伯に献呈されたことによる名称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブランデンブルク協奏曲【ブランデンブルクきょうそうきょく】

J.S.バッハの6曲からなる協奏曲集。《Die Brandenburgischen Konzerte》。楽器編成はすべて異なる。いずれもケーテン宮廷楽長時代の作品で,1721年ブランデンブルク辺境伯クリスティアン・ルートウィヒ〔1677-1734〕に献呈された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ブランデンブルク協奏曲

ドイツの作曲家J・S・バッハの協奏曲(1718-21)。原題《Brandenburgische Konzerte》。1番から6番まである。ブランデンブルク辺境伯クリスティアン・ルートヴィヒに献呈されたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブランデンブルクきょうそうきょく【ブランデンブルク協奏曲 Brandenburgische Konzerte】

J.S.バッハの6曲から成る協奏曲集(BWV1046~1051)。ケーテンの宮廷楽長時代のバッハが,1721年3月,この6曲をブランデンブルク辺境伯クリスティアン・ルートウィヒChristian Ludwig(1677‐1734)に献呈したところからこの呼名が生まれた。バッハ自身はフランス語で〈種々の楽器を伴う六つの協奏曲Six concerts avec plusieurs instruments〉と呼んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブランデンブルクきょうそうきょく【ブランデンブルク協奏曲】

バッハ作曲の協奏曲集。楽器編成を異にする六曲からなる。1721年ブランデンブルク伯爵に献呈された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランデンブルク協奏曲
ぶらんでんぶるくきょうそうきょく
Brandenburgische Konzerte

大バッハが作曲した6曲からなる協奏曲集(BWV1046~51)。1721年ブランデンブルク辺境伯クリスチャン・ルートウィヒに献呈されたことからこの名称が生まれた。しかし、この曲集は最初から辺境伯のために作曲されたものではなく、それ以前に作曲された協奏曲のなかから6曲を選んで浄書・献呈したものとみられている。これらの協奏曲の楽器編成と内容が、当時わずか6名のメンバーしかいなかった辺境伯の宮廷楽団にふさわしくないためで、むしろ、当時バッハが楽長を務めていたケーテンの宮廷楽団のために作曲されたとみるのが妥当であろう。ただ個々の曲の作曲年代については異論が多く、現在のところ決定的な結論は出ていない。
 6曲はそれぞれ異なった楽器編成で書かれているが、各楽器が同等に扱われる協奏曲(第1番ヘ長調、第3番ト長調、第6番変ロ長調)と、独奏楽器群が弦楽合奏に対抗するいわゆる「合奏協奏曲」(第2番ヘ長調、第4番ト長調、第5番ニ長調)とに大別される。いずれの曲も愉悦に満ちた楽想で、バッハの作品のなかでもとりわけ人気がある。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブランデンブルク協奏曲の言及

【協奏曲】より

…ドイツの協奏曲もイタリアの影響から出発し,ヘンデルはコレリ型の合奏協奏曲を,バッハはビバルディ型の独奏協奏曲をさらに発展させた。とくに後者の《ブランデンブルク協奏曲》BWV1046~51(1716‐21)はバロック協奏曲の総決算ともいうべき位置を占めている。 古典派の時代になると,前記の協奏交響曲の例はあるにせよ,独奏協奏曲が完全な主導権を握った。…

【バッハ】より

…ビバルディの協奏曲をオルガンやクラビーア独奏用に編曲しただけでなく,自らも協奏曲を作曲した。従来ケーテン時代の作とされていた6曲の《ブランデンブルク協奏曲》(BWV1046~51)のうち,少なくとも第3番と第6番はすでにワイマールで書かれた可能性が大きい。14年からはそれに加えて,毎月1曲の教会カンタータを作曲することもバッハの職務になった。…

※「ブランデンブルク協奏曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブランデンブルク協奏曲の関連キーワードバッハ(Johann Sebastian Bach)ハンフリー(Doris Humphrey)トランペット[trumpet / tpt]ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスシュトゥットガルト室内合奏団J・S・バッハ(年譜)コンチェルト・グロッソコレギウム・アウレウムロン カーターポリフォニービバルディ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブランデンブルク協奏曲の関連情報