コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィー ウィーWii

3件 の用語解説(ウィーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウィー(Wii)

任天堂が平成18年(2006)に発売した家庭用ゲーム機角速度センサーや光学式センサーを内蔵したコードレスコントローラーが付属し、コントローラーそのものを振ったり回転させたりすることで操作する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ウィー

任天堂の家庭用据え置き型ゲーム機。平成18年(2006)発売の大ヒット商品。傾きや動きの変化を検出するセンサーを内蔵したリモートコントローラーにより操作を行うのが特徴。ゲームソフトは、専用ディスクソフトの他に、インターネット経由でダウンロードできるものもある。◇欧文表記は「Wii」。「私たち」の意の「we」に由来。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィー
うぃー
Wii

2006年(平成18)12月に任天堂から発売された、据え置き型の家庭用テレビゲーム機。リモートコントローラーを使った通常のゲーム操作のほかに、コントローラー自体をセンサーバーをセットしたテレビ画面に向けて振ったり、ひねったり、さしたりすることで、体感的にゲームを楽しめるのが特徴である。ゲーム機能の高度化・複雑化に伴いゲーム離れした層を、スポーツゲームなどシンプルなゲームソフトを提供することで、取り込むことに成功した。2007年12月には、上に乗って体を使ってトレーニングエクササイズ)する板状コントローラー「バランスボード」を使用して、ヨガや筋肉トレーニング、バランスゲームなど、体全体を使って遊べるゲームソフト「WiiFit(ウィーフィット)」も発売されヒットした。2008年5月の時点で、国内累計販売台数600万台を記録した。インターネットによる、ソフトウェアの購入やほかのWiiとのデータのやり取りなど、機能・サービスの利用も可能である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウィーの関連キーワード意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧カーボベルデの要覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィーの関連情報