ウィー(英語表記)Wii

IT用語がわかる辞典の解説

任天堂の家庭用据え置き型ゲーム機。平成18年(2006)発売の大ヒット商品。傾きや動きの変化を検出するセンサーを内蔵したリモートコントローラーにより操作を行うのが特徴。ゲームソフトは、専用ディスクソフトの他に、インターネット経由でダウンロードできるものもある。◇欧文表記は「Wii」。「私たち」のの「we」に由来。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

2006年(平成18)12月に任天堂から発売された、据え置き型の家庭用テレビゲーム機。リモートコントローラーを使った通常のゲーム操作のほかに、コントローラー自体をセンサーバーをセットしたテレビ画面に向けて振ったり、ひねったり、さしたりすることで、体感的にゲームを楽しめるのが特徴である。ゲーム機能の高度化・複雑化に伴いゲーム離れした層を、スポーツゲームなどシンプルなゲームソフトを提供することで、取り込むことに成功した。2007年12月には、上に乗って体を使ってトレーニング(エクササイズ)する板状コントローラー「バランスボード」を使用して、ヨガや筋肉トレーニング、バランスゲームなど、体全体を使って遊べるゲームソフト「WiiFit(ウィーフィット)」も発売されヒットした。2008年5月の時点で、国内累計販売台数600万台を記録した。インターネットによる、ソフトウェアの購入やほかのWiiとのデータのやり取りなど、機能・サービスの利用も可能である。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィーの関連情報