コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角速度 かくそくど angular velocity

7件 の用語解説(角速度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角速度
かくそくど
angular velocity

物体がある直線のまわりを回転する速さの程度を表わす量。この直線を回転軸という。回転軸に垂直な直線が物体とともに,時間 Δt の間に角 Δθ だけ回転するとき, を平均角速度といい,Δt がゼロに近づくときの の極限値を瞬間角速度または単に角速度といい,ω で表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かく‐そくど【角速度】

物体が回転運動をするときの回転の速さを、単位時間の回転角で表したもの。単位はラジアン毎秒。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

角速度【かくそくど】

平面上を運動する点と原点を結ぶ線分(動径)が,原点を通る定直線(基線)となす角が,時間的に変化する割合。原点を通り平面に垂直で,基線からこの動径の方向へまわした右ねじの進む向きのベクトルで表される。
→関連項目円運動慣性モーメント向心力速度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

角速度

 ある原点と運動する物体を結ぶ直線を引き,原点を通る一定の線Aとの間の角度をxとするとき,dx/dt

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かくそくど【角速度 angular velocity】

一平面(xy面とする)上を運動する点Pがあるとき,原点OとPを結ぶ線分OP(動径という)とx軸の間の角θは時間tとともに変化する。このときdθ/dtをP点がOまたはz軸に対してもつ角速度という。半径Rの円周上を速さVで動く点が円の中心に対してもつ角速度ωはω=V/Rである。広がりをもつ物体の回転運動は,各瞬間の回転軸とそのまわりの角速度の大きさωで与えられるが,これを大きさがωで,回転軸の回転方向に右ねじを回したとき右ねじの進む向きを方向とするベクトルで表すことが可能で,これを角速度ベクトルという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かくそくど【角速度】

質点がある中心点のまわりを運動するときや、剛体がある軸のまわりを回転するときの回転の角度の時間的変化率。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角速度
かくそくど

質点または剛体の瞬間的な角回転の割合として定義される速度。すなわち、平面上を運動する点と原点を結ぶ直線が、微小時間dt中に原点の周りに角度dθだけ変化したとき、dθ/dtが運動点の原点の周りの角速度の大きさである()。原点を通り回転面に垂直な軸方向で、かつ回転によって右ねじの進む向きを正とする単位ベクトルをnとする。そのときω=nωを大きさωの角速度ベクトルあるいは単に角速度という。
 角速度ωのとき原点Oから位置ベクトルrにおける速度vはベクトル積ω×rで与えられる。すなわち、ある瞬間においてP点の運動は、Pから回転軸へ下ろした垂線の長さρ=rsinはOPと回転軸のなす角)を半径とし、垂線の足Qを中心とする円運動であるから、速度vの大きさはv=ωrsinである。方向はωとrに垂直で、向きはωからrへ右ねじの進む向きで、vはω×rに等しい。運動点の描く曲線上の点において、加速度は接線および法線方向にdv/dtv2/ρの成分をもつ。前者を接線加速度、後者を法線加速度とよぶ。速度ベクトルvは、空間曲線に沿っての長さをsとすれば、大きさはds/dtで、向きは接線方向、ρは軌道の曲率半径ds/dθである。接線加速度は速度の大きさの時間的変化であって方向の変化には関係ない。また法線加速度は速度の大きさの変化には関係なく速度自身と軌道の形に依存する。接線加速度がゼロの場合は、加速度は速度すなわち軌道に垂直になる。角速度ωとの関係は、速度がρωだから法線加速度はρω2である。これを向心加速度ともいう。遠心力はこの加速度と反対の向きに働く。[村岡光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角速度の関連キーワード位置ベクトル円柱座標射影平面接触平面接線接平面透視図複素平面近点角レントゲン電流

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角速度の関連情報