ウイジョンブ(議政府)市(読み)ウイジョンブ(英語表記)Ǔijǒngbu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイジョンブ(議政府)〔市〕
ウイジョンブ
Ǔijǒngbu

韓国,キョンギ (京畿) 道の中部北寄りにあり,ソウル市の北に接する市。 1963年市制。道北部の中心地で,南部のスウォン (水原) 市と対比される。ソウルとウォンサン (元山) とを結ぶ交通路として重要なチュガリョン (楸哥嶺) 地溝帯の南部にあって,駅村として発達。キョンウォン (京元) 鉄道の開通後は要駅であった。農産物の集散地で,特にウシの市場町として知られた。独立後人口がふえ,工場も立地して,ソウルの膨張とともに衛星都市となった。軍事上の要地でもある。豊富な用水を利用して綿織物と製紙の工業が盛ん。農村部では野菜,果樹,酪農,養鶏などの近郊農業が行われる。付近のソヨ (逍遙) 山,光陵はソウル市民の遊覧の地。面積 84km2。人口 21万 2368 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android