コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェイハイ(威海)特別市 ウェイハイWeihai

1件 の用語解説(ウェイハイ(威海)特別市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェイハイ(威海)〔特別市〕
ウェイハイ
Weihai

中国東部,シャントン (山東) 省のシャントン半島北東隅にある港湾都市。ウェイハイ市区と2市1県から成る。ホワン (黄) 海にのぞみ,小半島とリウコン (劉公) 島に囲まれた良港を擁する。小村であったが,明代の初め威海衛が設置され,倭寇の取締りにあたった。清末に北洋艦隊の根拠地となり,軍港と要塞が築かれた。 1898年イギリスが租借し,1930年中国に返還された。省の商港の一つで,重要な漁港でもある。人口 236万 2947,うち市区人口 26万 2818 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone