コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェイー ウェイーVeii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェイー
Veii

エトルリアの古代都市。イタリア中央部,ローマの北西約 16kmにあった。現ベイオ。エトルリアの都市のうちでは最もローマに近く,前7~6世紀にはローマを支配した。前 396年ローマの執政官 (コンスル ) M.カミルスによって破壊されたが,のちローマ人によって再建され,皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) の時代には自治都市 (ムニキピウム ) となり,3世紀まで宗教の中心地として栄えた。神殿跡や墓地跡が発掘されているが,特にミネルワ神域跡で発掘された前5世紀頃の『アポロン像』は有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウェイーの関連キーワードビラ・ジュリア国立美術館ガートルード ローレンスツルス・ホスチリウススチペンディウムエトルリア人コッススカペナ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェイーの関連情報