コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムニキピウム ムニキピウム municipium

3件 の用語解説(ムニキピウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムニキピウム
ムニキピウム
municipium

古代ローマの共同体をさしたが,共和政末期以後はローマ支配下の自治都市を意味した。初めは前4世紀のカンパニアのように,ローマとの通商権,通婚権を有しながらも民会投票権はもたず,軍事義務を負わされたローマとの同盟都市のことをいった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ムニキピウム【municipium】

古代ローマの地方自治都市。共和政ローマはイタリア内の服属した都市国家ローマ市民権を与え,その在来の政治的諸制度を存続させて自治を認め,地方行政をゆだねた。前384年トゥスクルムが初めてムニキピウムになったと伝えられるが,前338年以降この方式はラティウムの諸都市に適用され,ローマ領の拡大とともにムニキピウムは増加した。同盟市戦争の結果,イタリアの全自由民にローマ市民権が与えられ,ムニキピウム制はイタリア中に広がり,各都市では毎年民会で選ばれる2人ないし4人の政務官が統治する行政組織が一般化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムニキピウム
むにきぴうむ
municipiumラテン語

古代ローマ時代にローマとなんらかの関係を結んだ共同体(都市国家・都市)をいう。共和政初期にはローマとの通婚権と通商権をもつ対等の共同体をさしたが、やがてローマに征服された都市国家がのちにローマ市民権を与えられて「ローマ市民の自治市」municipium civium Romanorumとなった。紀元前1世紀初めのイタリア同盟市戦争後、ラテン人共同体とイタリア同盟市はほとんど「ローマ市民のムニキピウム」となった。帝政期には、属州の諸共同体にローマ市民権を付与するにあたって、第一段階としては「ラテン権をもったムニキピウム」municipium Latini iurisに格上げし、第二段階で「ローマ市民のムニキピウム」とされた。ムニキピウムは中心の都市のほか、周囲の農村部を含んだ。[弓削 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムニキピウムの関連キーワード羅馬ローマの七丘ローマ風呂ローマの泉ローマの祭古代ローマの航跡をたどれROME ローマローマの祭り古代ローマ人の格言ローマ理念