コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェスターウァルト岩 ウェスターウァルトがんwesterwaldite

岩石学辞典の解説

ウェスターウァルト岩

レーマンがエセクサイト玄武岩とした岩石をヨハンセンが命名したもの[Lehmann : 1930, Johannsen : 1938].橄欖(かんらん)石に富むアルカリ玄武岩で,サニディン(8~10%)と少量のネフェリンを含み,顕著なものとしてラブラドライトオージャイト,ときに黒雲母や角閃石,橄欖石などを含む岩石である.ドイツ,ウェスターウァルト(Westerwald)のストフェル(Stoffel)に因む.

ウェスターウァルト岩

橄欖(かんらん)石に富むアルカリ玄武岩で,サニディンと少量のネフェリン,その他に多くの種類の鉱物からなる[Johannsen : 1938].ドイツ,ウェスターウァルト(Westerwald)のストフェル(Stoffel)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ウェスターウァルト岩の関連キーワードレーマン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android