ウェスターウァルト岩(読み)ウェスターウァルトがん(英語表記)westerwaldite

岩石学辞典の解説

ウェスターウァルト岩

レーマンがエセクサイト玄武岩とした岩石をヨハンセンが命名したもの[Lehmann : 1930, Johannsen : 1938].橄欖(かんらん)石に富むアルカリ玄武岩で,サニディン(8~10%)と少量のネフェリンを含み,顕著なものとしてラブラドライトオージャイト,ときに黒雲母や角閃石,橄欖石などを含む岩石である.ドイツ,ウェスターウァルト(Westerwald)のストフェル(Stoffel)に因む.

ウェスターウァルト岩

橄欖(かんらん)石に富むアルカリ玄武岩で,サニディンと少量のネフェリン,その他に多くの種類の鉱物からなる[Johannsen : 1938].ドイツ,ウェスターウァルト(Westerwald)のストフェル(Stoffel)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android