ウェスターウァルト岩(読み)ウェスターウァルトがん(英語表記)westerwaldite

岩石学辞典の解説

ウェスターウァルト岩

レーマンがエセクサイト玄武岩とした岩石をヨハンセンが命名したもの[Lehmann : 1930, Johannsen : 1938].橄欖(かんらん)石に富むアルカリ玄武岩で,サニディン(8~10%)と少量のネフェリンを含み,顕著なものとしてラブラドライトオージャイト,ときに黒雲母や角閃石,橄欖石などを含む岩石である.ドイツ,ウェスターウァルト(Westerwald)のストフェル(Stoffel)に因む.

ウェスターウァルト岩

橄欖(かんらん)石に富むアルカリ玄武岩で,サニディンと少量のネフェリン,その他に多くの種類の鉱物からなる[Johannsen : 1938].ドイツ,ウェスターウァルト(Westerwald)のストフェル(Stoffel)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android