コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーマン Lehmann, John Frederick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーマン
Lehmann, John Frederick

[生]1907.6.2. バッキンガム,ボーンエンド
[没]1987.4.7.
イギリスの批評家ケンブリッジ大学に学んだ。『ニュー・ライティング』や『ロンドン・マガジン』の編集を通じて新しい文学の紹介,新人の発掘に努めた。自伝詩集もある。

レーマン
Lehmann, Lotte

[生]1888.2.27. ペルレベルク
[没]1976.8.26. サンタバーバラ
ドイツ生れのアメリカのソプラノ歌手。ベルリン高等音楽学校で学び,1910年ハンブルクでワーグナーの『ローエングリン』に出演以来,ワーグナー歌手として知られた。 30年シカゴに,34年メトロポリタン歌劇場にデビューし,アメリカに定住,38年市民権を得た。 45年までオペラ歌手として活躍したが,のちリート歌手に転向,51年告別リサイタルを開き第一線から引退し,その後は教師として活躍した。 20世紀前半最高のソプラノ歌手の一人。

レーマン
Lehmann, Max

[生]1845.5.19. ベルリン
[没]1929.10.8. ゲッティンゲン
ドイツの歴史家。 L.ランケの門下生。 1888年マールブルク大学,93年ライプチヒ大学の各教授。同年ゲッティンゲン大学に移り,死ぬまで教授をつとめた。自由主義的歴史観をもって,ドイツの英雄,軍人の伝記にすぐれた業績を残した。プロシア改革に対するフランス革命の影響を大きく評価したことでも知られる。主著『シャルンホルスト』 Scharnhorst (2巻,1886~87) ,『フリードリヒ大王と七年戦争の起源』 Friedrich der Grosse und der Ursprung des siebenjährigen Krieges (94) ,『1640年以降のプロシアとカトリック教会』 Preussen und die katholische Kirche seit 1640 (7巻,78~94) 。

レーマン
Lehmann, Rosamond (Nina)

[生]1903.2.3. ロンドン
[没]1990.3.12.
イギリスの女流作家。 J.レーマンの姉。 Wogan Philipps夫人。女性心理を扱った繊細な作品で知られる。処女作『汚れた答え』 Dusty Answer (1927) で一躍有名になり,『バラッドと典拠』 The Ballad and the Source (44) などを発表,代表作は『こだまする茂み』 The Echoing Grove (53) 。

レーマン
Lehmann, Rudolf

[生]1842.10. オルデンブルク
[没]1914.2.4. 東京
ドイツの来日教師,技師。カルルスルーエの工業専門学校卒業。造船,機械技師。兄が大坂に商会を営んでいた関係で来日し,明治3 (1870) 年,京都府に建築技師として招聘され,汽船組立てに従事。次いで府下欧学舎語学,学術教師に雇われ,翌4年最初の独和辞典を編纂。 1873年,京都府勧業課による洋紙工場の建設を担当。 82年上京。東京大学予備門,東京外国語学校で語学を教授。ドイツ・アジア協会の会長に就任して日独文化交流の基礎を築いた。 L.リースによる略伝がある。夫人 (木田べん) とともに東京の雑司ヶ谷に葬られた。

レーマン
Lehmann, Wilhelm

[生]1882.5.4. ベネズエラ
[没]1968.11.17. エッケルンフェルデ
ドイツの詩人,小説家。教員生活を経て,第1次世界大戦に従軍。帰還後,『偶像破壊者』 Der Bilderstürmer (1917) をはじめとする小説を発表したのち,『沈黙の答』 Antwort des Schweigens (35) ,『緑の神』 Der grüne Gott (42) ,『恍惚の塵』 Entzückter Staub (46) などで,自然抒情詩の代表者とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レーマン

ドイツ生れのソプラノ歌手。20世紀前半を代表する歌手の一人。ベルリン高等音楽学校に学び,1910年ハンブルク国立歌劇場でデビュー。R.ワーグナーやR.シュトラウスのオペラで名声を高め,1916年ウィーン国立歌劇場に移籍。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

レーマン Lehmann, Rudolf

1842-1914 ドイツの技術者,教師。
1842年10月15日生まれ。明治2年(1869)兄のカールが設立したレーマン・ハルトマン商会の相談役として来日。京都の欧学舎教師となり,同僚たちと日本初の独和辞典の編集にあたる。10年「和独対訳字林」を校定。のち東京外国語学校,東京大学予備門でおしえ,退職後は日独貿易に従事した。大正3年2月4日東京で死去。71歳。オルデンブルク出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

レーマン【John Frederick Lehmann】

1907‐87
イギリスの詩人,批評家,編集者。ケンブリッジ大学出身。オーデン・グループと親密で,彼らとともに左翼運動に加わる。雑誌《ニュー・ライティング》(のち《ペンギン・ニュー・ライティング》)の編集者として1930年代の新しい文学運動に貢献。またこれより前,レナードバージニアウルフ夫妻のホガース・プレス創立と経営に尽力する。第2次大戦後は《ロンドン・マガジン》(1954‐)を創刊,61年まで編集長を務める。

レーマン【Rosamond Nina Lehmann】

1903‐90
イギリスの女流作家J.F.レーマンの姉,女優ベアトリクス・レーマンの妹。ケンブリッジ大学卒業。少女期の不安定で繊細な,うち震えるような感受性を美しく香気豊かに描き出す作風をもち,処女作《味気ない答え》(1927)はその典型的なものである。《ワルツへの招待》(1932),《街の気候》(1936)は連作で,女主人公オリビアの18歳の無垢さと,10年後に結婚生活に傷つき離婚した経験とが描かれ,明と暗の対照,無垢と経験の照応がみごとである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レーマン【Lotte Lehmann】

1888~1976) ドイツのソプラノ歌手。ウィーンを中心にオペラ歌手として活躍。豊麗な声と劇的な表現で、ワーグナーや R =シュトラウスを得意とした。ナチスに追われアメリカに亡命し帰化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

レーマンの関連キーワードベーカー(Dame Janet Baker)レーマン(Lotte Lehmann)ジョン・フレドリック レーマンパス(パラアミノサリチル酸)コベント・ガーデン王立歌劇場ジェラルディン ファーラートーマス クアストホフウェスターウァルト岩ジャネット ベーカーグレース バンブリーメトロポリタン美術館オーデン・グループレーマン・プラン横山松三郎(1)経営成果分配制度ロベルト エンケレーマン不連続面カルルスルーエ京都薬科大学レーマン方式

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android