コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェスティングハウス・エレクトリック[会社] Westinghouse Electric Corporation

世界大百科事典 第2版の解説

ウェスティングハウス・エレクトリック[会社]【Westinghouse Electric Corporation】

ゼネラル・エレクトリック社(GE)に次ぐアメリカ第2位の総合電機メーカー。略称WH。本社ピッツバーグ。発明家G.ウェスティングハウスが,交流配電の将来性を予見して1886年1月に創立。エジソン社の直流方式に対抗して同年秋に最初の交流中央発電所をバッファローに設立し,交流の優位性を立証した。91年には同社の交流システムによる発電所数は350にのぼり,業界内に確たる位置を占めた。通信関係では古くからのライバルGEに立ち遅れていたが,1917年に子会社の国際ラジオ電信会社(のちにアールシーエー(RCA)の母体の一つとなる)を設立し,第1次大戦中連合軍のために無線設備を製作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウェスティングハウス・エレクトリック[会社]の関連キーワードゼネラル・エレクトリック[会社]ウェスティングハウス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android