コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルテル Werther

大辞林 第三版の解説

ウェルテル【Werther】

ゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」の主人公。親友の婚約者ロッテにかなわぬ恋をし、苦悩の末に自殺する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルテル

若きウェルテルの悩み」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウェルテルの関連キーワードブランケンブルク(Friedrich von Blankenburg)シラー(Friedrich von Schiller)マン(Thomas Mann、小説家)シュトゥルム・ウント・ドラングヤコポ・オルティスの最後の手紙ドクトル・ビュルガーの運命ファウスト(ゲーテの悲劇)ドクトルビュルガーの運命グルリット マンフレート若きウェルターの悩みU. プレンツドルフジュール マスネークラーゲンフルトゲーテ(年譜)プレンツドルフウェッツラーイッヒロマンゲーテハウス書簡体小説インゲマン

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェルテルの関連情報