コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウエメ川 ウエメがわOuémé

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウエメ川
ウエメがわ
Ouémé

ベナン中部から南部を流れる川。中北部のアタコラ山地に源を発して南流,東岸からオクパラ川,西岸からズウ川が合流後2つに分流し,一方はコトヌー付近のノクエ湖に,他方はポルトノボ潟湖に注ぐ。全長約 500km。急流があるが雨季には航行可能。漁業のほかウエメ河谷農業開発計画が進行中。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android