コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルト ウォルト Worth, Charles Frederick

2件 の用語解説(ウォルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルト
ウォルト
Worth, Charles Frederick

[生]1825. リンカーンシャー
[没]1895.3.10. パリ
オートクチュールの創始者。ワースともいう。イギリス生まれの男性ドレスメーカーロンドンの服地店で修業ののち,1846年パリに渡り,当時の有名な婦人服店ブティック・ガジェランにおいてデザインの才能を発揮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルト【Das Wort】

ナチスに追われたドイツ亡命作家たちによって,1936年7月から39年3月までモスクワで出版された月刊文学誌。第1回文化擁護国際作家大会(1935年6月,パリ)の際にベッヒャーを中心に相談,編集はブレヒト(デンマーク滞在),フォイヒトワンガー(南フランス),ブレーデル(モスクワ),実務はエルペンベックが当たり,M.E.コリツォーフを通じてソ連の出版所の援助を得て実現した。表題の〈ウォルト〉は言葉,発言を意味し,創刊号に〈真のドイツの言葉が国内では破壊されているので,国境外で守り育てる〉と表明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウォルトの言及

【表現主義】より

…カール・アインシュタインCarl Einstein(1885‐1940)の《ベビュカンBebuquin》(1912)も,孤独を希求しつつ孤独に耐えられない分裂した自我の様相をそのまま写し出す錯綜した構成と文体をもつ異色作である。 表現主義の評価をめぐっては,1937‐38年にドイツ亡命作家の雑誌《ウォルト》誌上で討論が続いた。いわゆる〈表現主義論争〉である。…

※「ウォルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウォルトの関連キーワードグレーザー青年ドイツ派ドイツ帝国西ドイツベルゲングリューンレマルクマイヤーホーフ追われ心マイヤーホフナチス・ドイツ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウォルトの関連情報