コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフの太陽黒点数 Wolf's sunspot number

法則の辞典の解説

ウォルフの太陽黒点数【Wolf's sunspot number】

スイスのヴォルフ(J. R. Wolf)が1848年に提案した,黒点活動を示す尺度.太陽の地球に面した半球面上の黒点群の数を &scriptg;,黒点暗部の数を f としたとき,Rk′(10&scriptg;f)をヴォルフ数(黒点相対数)という.k は観測条件によって定まる定数で,ヴォルフが口径8cmの望遠鏡で観測したときの値を1.0とし,チューリヒ天文台における観測値(現在 k=0.6)と比較して定めることになっている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ウォルフの太陽黒点数の関連キーワードチューリヒ天文台

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android