ウォルフラム・フォン・エシェンバハ(英語表記)Wolfram von Eschenbach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1170頃.エシェンバハ
[没]1220頃.エシェンバハ
中世ドイツの叙事詩人。ホーエンシュタウフェン朝の三大宮廷叙事詩人の一人。広い文学的な教養を身につけていたことが知られているが,生涯については他の詩人たちと同様ほとんど不明。作品には,5編の『きぬぎぬの歌』 Tageliedを含む初期の恋歌8編もあるが,彼の名を高めているのは,フランスの詩人クレチアン・ド・トロアの『ペルスバル,または聖杯物語』などにならい,アーサー王伝説聖杯伝説とをうまく結び合せた長大な叙事詩パルツィファル』 Parzival (1200~10頃) で,ドイツ文学における教養小説源泉とされている。そのほかフランスの武勲詩『アリスカン』を素材としてサラセン人と戦うキリスト教徒の騎士の姿を描いた叙事詩『ウィレハルム』 Willehalm (12~18) や,一般に『ティトゥレル』 Titurelと呼ばれている断片の恋物語がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android