コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフラム・フォン・エシェンバハ ウォルフラム・フォン・エシェンバハ Wolfram von Eschenbach

1件 の用語解説(ウォルフラム・フォン・エシェンバハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルフラム・フォン・エシェンバハ
ウォルフラム・フォン・エシェンバハ
Wolfram von Eschenbach

[生]1170頃.エシェンバハ
[没]1220頃.エシェンバハ
中世ドイツ叙事詩人。ホーエンシュタウフェン朝の三大宮廷叙事詩人の一人。広い文学的な教養を身につけていたことが知られているが,生涯については他の詩人たちと同様ほとんど不明。作品には,5編の『きぬぎぬの歌』 Tageliedを含む初期の恋歌8編もあるが,彼の名を高めているのは,フランスの詩人クレチアン・ド・トロアの『ペルスバル,または聖杯物語』などにならい,アーサー王伝説聖杯伝説とをうまく結び合せた長大な叙事詩『パルツィファル』 Parzival (1200~10頃) で,ドイツ文学における教養小説の源泉とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォルフラム・フォン・エシェンバハの関連キーワードパッシェン系列ウォルフラムフォンエッシェンバハクレッシェンドデクレッシェンドペーシェンスオッフェンバッハオッフェンバッハアムマインエシェリヒアコリエンシェント室内管弦楽団レス・パプシェン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone