コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルムスの帝国議会 ウォルムスのていこくぎかいWormser Reichstag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルムスの帝国議会
ウォルムスのていこくぎかい
Wormser Reichstag

神聖ローマ皇帝により帝国都市ウォルムスに招集された帝国議会。 (1) 1495年マクシミリアン1世によって招集され,帝国内での私戦 (→フェーデ ) を禁じる永久平和令,帝国法院の設置など,帝国改革の基本的な取決めを行なった。 (2) 1521年カルル5世が招集し,皇帝による対フランス戦争の援助などを決めたほか,特に M.ルターを召喚して異端的な所説撤回を命じたが,ルターは自説の撤回を拒否したため,ルターの帝国追放とその著書の禁圧を定めた「ウォルムス勅令」を発布した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウォルムスの帝国議会の関連キーワードベルトルト・フォン・ヘンネベルク帝国改造運動ベルトルト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android