ウォルムスの帝国議会(読み)ウォルムスのていこくぎかい(英語表記)Wormser Reichstag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルムスの帝国議会
ウォルムスのていこくぎかい
Wormser Reichstag

神聖ローマ皇帝により帝国都市ウォルムスに招集された帝国議会。 (1) 1495年マクシミリアン1世によって招集され,帝国内での私戦 (→フェーデ ) を禁じる永久平和令,帝国法院の設置など,帝国改革の基本的な取決めを行なった。 (2) 1521年カルル5世が招集し,皇帝による対フランス戦争の援助などを決めたほか,特に M.ルターを召喚して異端的な所説撤回を命じたが,ルターは自説の撤回を拒否したため,ルターの帝国追放とその著書の禁圧を定めた「ウォルムス勅令」を発布した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android