コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国改革 ていこくかいかくReichsreform

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくかいかく【帝国改革 Reichsreform】

15世紀末から16世紀初めにかけて試みられた神聖ローマ帝国の体制をめぐる改革をいう。 神聖ローマ帝国は15世紀末に実質的にはほぼドイツだけを支配する国家にほかならず,自立性を強めてゆく領邦権力の前で皇帝はかつてもっていた権限を失い,皇帝と帝国とが分離しつつある状態であった。このような状況のなかで帝国がかつてカール大帝ザリエル朝のもとでもっていた権威の回復を標榜する帝国改革案が数多く出されていくが,それらは執筆者が属する諸身分の立場をあらわに示した改革案にすぎなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報