コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシミリアン1世 マクシミリアンいっせいMaximilian I

1件 の用語解説(マクシミリアン1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシミリアン1世
マクシミリアンいっせい
Maximilian I

[生]1459.3.22. ウィーナーノイシュタット
[没]1519.1.12. ウェルス
神聖ローマ皇帝 (在位 1493~1519) 。ハプスブルク家の皇帝フリードリヒ3世の子で,1477年ブルゴーニュシャルル (豪胆公) の戦没後,その嗣子マリ (→マリア) との婚姻により東部ブルゴーニュ (フランシュコンテ) とネーデルラントハプスブルク家に獲得。北イタリア支配をめぐるフランスとの戦い (→イタリア戦争) は成果なく,99年には事実上スイスも失ったが,鉱山資源に富むチロルをオーストリア領に併合し,また孫のカルル (のちの皇帝カルル5世) ,フェルディナント (のちの皇帝フェルディナント1世) をそれぞれスペイン,ポーランドの王女と結婚させることにより,やがてハプスブルク家にスペインとボヘミア,ハンガリーの王位をもたらした。ドイツの統治においては,帝国の利害よりハプスブルク家の利害を重んじたため,諸侯の反発を買ったが,95年のウォルムスの帝国議会で,たび重なる戦費調達と引替えに,マインツ大司教ベルトルト・フォン・ヘンネベルクらの帝国改革案を一部受入れ,帝国内諸侯間の抗争を不法とする,「永久平和令」を発布し,また帝国 (最高) 法院の常設,帝国統治院の設置,全国徴税制などを実施した。彼はまた最後の「騎士」的皇帝であるとともに,ルネサンスの音楽,美術,文芸の保護者でもあり,文雅の士でみずから寓話風の物語をはじめ,多くの作品を書いている。農民を主とする傭兵軍の創設やオーストリアの行政改革でも知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マクシミリアン1世の関連キーワード今参局甲斐常治ダンマゼーディーキリンホールディングス呉偉正徹マクシミリアンジョスカン・デ・プレジョードプルバーゼル大学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone