コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォームブート うぉーむぶーと

2件 の用語解説(ウォームブートの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ウォームブート

メインメモリーなどのハードウェアを初期化せずに、再起動すること。ウォームスタートやホットスタートとも呼ばれる。キーボードリセットがこれにあたる。コールドブートに比べて再起動に要する時間が短いのが特徴。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ウォームブート【warm boot】

コンピューターの電源を切らず、ソフトウェアのみ再起動すること。各種デバイス初期化を一部省略するため、コールドブートに比べて起動にかかる時間は短い。◇「ウォームスタート」「ホットスタート」「ホットブート」などともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォームブートの関連キーワードエラーコンピューターサイエンスブートソフトウエアハウスハイブリッドコンピューターコンピューターソフトウエア協会ソフトウエアシンセサイザー日本パーソナルコンピューターソフトウエア協会

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone