ウサギノオ(英語表記)hares‐tail‐grass

世界大百科事典 第2版の解説

ウサギノオ【hares‐tail‐grass】

花序部を干してドライフラワーとして用いられるイネ科の一年草。下部で枝分れした高さ20cm前後の細い茎がある。葉は茎や葉鞘(ようしよう)とともに毛があり,幅の狭い披針形で,長さ8cm,幅1cm弱である。夏に向かって茎の頂に,長さ2~4cmの楕円形で,全体に白っぽい毛と,褐色の芒(のぎ)に包まれた花穂を出し,この花序がノウサギの尾にそっくりなため,ギリシア語でノウサギlagosの尾ouraという属名が与えられ,英名も和名もその直訳である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android