コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスアイア Ushuaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスアイア
Ushuaia

アルゼンチン南部,ティエラデルフエゴ准州の州都。世界最南端の町で,南アメリカ南端,マゼラン海峡によって大陸部から分けられる大フエゴ島の南岸に位置し,ビーグル海峡にのぞむ。 1870年イギリス人宣教師 W.スターリング入植。 84年アルゼンチン海軍の基地がおかれ,93年市となった。住民は林業,牧羊,漁業などに従事している。同島北東岸のリオグランデのほか,西のチリ領のポルベニルなどと道路で結ばれる。人口1万 1029 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウスアイアの関連キーワードティエラ・デル・フエゴ准州

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android