ウスケ(英語表記)Usque, Samuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスケ
Usque, Samuel

16世紀前半のポルトガルの著述家。ユダヤ人で,イタリアに移住し,のちパレスチナに向ったが,その後の消息は不明。主著『イスラエルの苦難への慰藉』 Consolação às Tribulações de Israel (1553) は羊飼いたちの3つの対話から成り,イスラエルの民がこうむった迫害を想起し,神の自由への約束を思い出させ,すべてがイスラエルの民が受けた苦難,苦悩,奴隷化,虐殺についての反省と愁訴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウスケの関連情報