愁訴(読み)しゅうそ

精選版 日本国語大辞典「愁訴」の解説

しゅう‐そ シウ‥【愁訴】

〘名〙 なげきうったえること。事情をうちあけて同情を請うこと。また、そのうったえ。多く、公の機関にうったえでることにいう。
※三代格‐五・寛平七年(895)七月一一日「人多、政致擁滞
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「種々苛刻の法を立てて収斂し州民之に堪へずして屡愁訴すれども用ひられず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「愁訴」の解説

しゅう‐そ〔シウ‐〕【愁訴】

[名](スル)
つらい事情を明かして嘆き訴えること。また、その訴え。「愁訴の声」
患者が訴える症状。→不定ふてい愁訴
[類語]訴える直訴直願嘆願哀訴哀願泣訴泣き付く口説くど泣き込む泣きすがる泣き落とす拝み倒す呼び掛けるアピールする申し出る届け出る願い出る申し込む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「愁訴」の解説

【愁訴】しゆうそ

哀訴。

字通「愁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android