愁訴(読み)シュウソ

  • しゅうそ シウ‥
  • しゅうそ〔シウ〕

大辞林 第三版の解説

スル
(同情を求めて)苦しみや悲しみを訴えること。また、その訴え。 先生に-するより外ほか手段なしさ/緑簑談 南翠
患者が訴える症状。 不定-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 なげきうったえること。事情をうちあけて同情を請うこと。また、そのうったえ。多く、公の機関にうったえでることにいう。
※三代格‐五・寛平七年(895)七月一一日「人多愁訴、政致擁滞
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「種々苛刻の法を立てて収斂し州民之に堪へずして屡愁訴すれども用ひられず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愁訴の関連情報