コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスヒメワラビ Acystopteris japonica (Luerss.) Nakai

世界大百科事典 第2版の解説

ウスヒメワラビ【Acystopteris japonica (Luerss.) Nakai】

山地の湿った陰地に生える繊細で美しい中型のシダで,メシダ科の1種。根茎は匍匐(ほふく)し,葉は近接してつく。根茎と葉柄膜質淡褐色の鱗片がつき,葉には軟らかい白色または淡褐色の毛がつく。葉は全長40~80cm,葉柄と中軸は紫褐色を帯びやや光沢があって,比較的細く,折れやすい。葉身は卵状三角形,3回羽状に分裂し,鮮緑色で,軟らかい薄い草質である。裂片は鈍鋸歯縁。胞子囊群は裂片の辺縁寄りにつき,円形。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android