コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスヒメワラビ Acystopteris japonica (Luerss.) Nakai

1件 の用語解説(ウスヒメワラビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウスヒメワラビ【Acystopteris japonica (Luerss.) Nakai】

山地の湿った陰地に生える繊細で美しい中型のシダで,メシダ科の1種。根茎は匍匐(ほふく)し,葉は近接してつく。根茎と葉柄に膜質,淡褐色の鱗片がつき,葉には軟らかい白色または淡褐色の毛がつく。葉は全長40~80cm,葉柄と中軸は紫褐色を帯びやや光沢があって,比較的細く,折れやすい。葉身は卵状三角形,3回羽状に分裂し,鮮緑色で,軟らかい薄い草質である。裂片は鈍鋸歯縁。胞子囊群は裂片の辺縁寄りにつき,円形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone