コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウズン・ハサン Uzun Ḥasan

世界大百科事典 第2版の解説

ウズン・ハサン【Uzun Ḥasan】

1427‐78
アク・コユンル朝第5代の君主。在位1453‐78年。アク・コユンル朝の祖カラ・ウスマーンの孫。本名はハサン・ベグḤasan Beg。長身であったことからウズン(〈長い〉の意)の呼名が付けられた。ウズン・ハサンは西方でオスマン朝のメフメト2世と対決し,東方ではカラ・コユンル朝のジャハーン・シャーを破り(1467),さらにティムール朝のアブー・サイードの軍を粉砕して(1469),東部アナトリアからイランにわたる一大帝国を建設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウズン・ハサンの言及

【アク・コユンル朝】より

…始祖カラ・ウスマーンQara ‘Uthmānはディヤルバクル地方を中心に勢力を固めたが,同じくトルクメン系のカラ・コユンル朝と対立して勢力の伸張を阻まれた。第5代ウズン・ハサン(在位1453‐78)の治世にいたって宿敵カラ・コユンル朝を滅ぼし,その領域を手中に収め,オスマン朝のメフメト2世に対抗したが,手痛い敗北を被った。ウズン・ハサンとその子ヤークーブYa‘qūb(在位1478‐90)の時代にアク・コユンル朝は最盛期を迎え,東部アナトリアからイランにわたる広大な領域を支配した。…

※「ウズン・ハサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウズン・ハサンの関連キーワードジャハーン・シャーアリー・クシチュアブー・サイードウズン・ハサンクシュチュ黒羊朝白羊朝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android