ティムール朝(読み)ティムールちょう

  • ティムール朝 Tīmūr

百科事典マイペディアの解説

中央アジア,イランのトルコ・モンゴル系イスラム王朝。1370年―1507年。創建者ティムールの没した1405年以降,その子シャー・ルフ,アブー・サイードらによって統治され最盛期を迎えた。都はサマルカンド。アブー・サイードの死後サマルカンドとヘラートに分裂して16世紀初頭に滅んだ。その孫バーブルアフガニスタンに拠って,ムガル帝国を開いた。
→関連項目アゼルバイジャン(国)イスラム文化シャフリサブス歴史地区ブハラ・ハーン国ヘラートホラズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中央アジア,イラン,アフガニスタンを支配したトルコ・モンゴル系イスラム王朝。1370‐1507年(図)。トルコ化・イスラム化したモンゴル族(チャガタイ族)の子孫として中央アジアに生まれたティムールは,1370年マー・ワラー・アンナフル(トランスオキシアナ)の統一に成功,以後絶えまのない征服戦争を敢行し,95年にはモスクワに迫り,98年にはデリー席巻,1402年にはアンカラの戦でオスマン軍を撃破するなどの大戦果をあげ,ユーラシア大陸の中心部を覆う大帝国を建設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1370〜1500
中央アジア・イランに君臨したティムールの建てたイスラーム王朝
ティムールの急逝後,子孫の間で激しい政権争奪がくりかえされたが,シャー=ルフ,ウルグ=ベク名君としてよく統治の実をあげ,文化の保護に力を尽くした。首都サマルカンドは東西貿易の最大中継市場として栄え,トルコ−イスラーム文化が開花した。1500年シャイバーニ=ハン率いるウズベク族侵略によって滅亡した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のティムール朝の言及

【イスラム美術】より

…イベリア半島では,ナスル朝(1230‐1492)下のグラナダで後期イスラムの宮殿建築を代表するアルハンブラ宮殿(13~14世紀)が造営されている。 イランでは,垂直性の強調,セルジューク朝時代に始まる二重殻ドームの発展,さらに,煉瓦やしっくいに代わる彩釉タイルによる装飾美の徹底した追求などの特質が,イル・ハーン国(1258‐1353)およびティムール朝(1370‐1507)時代の,壮大なスルターニーヤのウルジャーイートゥー・ハーンの墓廟(14世紀初期),壮麗なマシュハドのゴウハルシャード・モスク(1419),サマルカンドのビービー・ハーヌム・モスク(1399着工),グール・アミール廟(15世紀)などに認められる。さらに,イラン文化の爛熟期サファビー朝(1501‐1736)にいたり,イランのイスラム建築は技術的にも装飾的にも完成の域に近づく。…

※「ティムール朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android