ウズン・ハサン(英語表記)Uzun Ḥasan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウズン・ハサン
Uzun Ḥasan

[生]1420頃
[没]1478
イラン,白羊朝の君主 (在位 1466~78) 。ディヤルバクルを拠点として,1467年には黒羊朝ジャハーン・シャーを倒し,68年にはチムール朝アブー・サイードを破って,イラクおよびイラン全域に支配を拡大,首都をタブリーズに移し,同朝の最盛期を現出させた。その治下ベネチアローマ教皇などヨーロッパ諸勢力との緊密な外交関係が結ばれ,頻繁に使節の交換が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android