コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブリーズ Tabrīz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タブリーズ
Tabrīz

イラン北西部,東アゼルバイジャン州の州都。古代名タウリス Tauris。テヘランの北西約 530kmに位置する。3世紀にアルメニア王の都となり,その後たびたび地震で破壊された。13世紀にはモンゴルの侵入を受けたが,その後ガーザーン・ハントルクメン人の都として繁栄。15世紀以降数世紀間はオスマン帝国,ロシア,ペルシアの争奪の場となり,しばしばロシア軍に占領された。20世紀初頭にはイラン立憲革命運動の中心地となった。肥沃な農業地帯で農産物加工業が行なわれるほか,絨毯製造,皮革加工,製靴などの主要工業がある。東アゼルバイジャン地方産のペルシア絨毯市場としても有名。歴史建造物にブルー・モスク,アリー・シャー砦がある。モスクは地震で一部破壊されたが,美しい青タイルの装飾を有する。また古代からのバザール(市場)が残り,2010年世界遺産の文化遺産に登録された。1950年代後半からヨーロッパ式の建物(駅,大学,官庁など)が多数建てられた。テヘランから鉄道が通り,イスタンブールにいたるアジア=ヨーロッパ・ルートの要衝。人口 139万8060(2006)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タブリーズ(Tabrīz)

イラン北西部の都市。東アーザルバーイジャーン州の州都。アゼルバイジャン地方の中心都市であり、アゼルバイジャン人が多く居住する。ササン朝ペルシア時代に建設されたと考えられ、東西交易の要衝として栄えた。20世紀初頭にはイラン立憲革命の中心地になった。人口、行政区140万(2006)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タブリーズ

イラン北西部の都市。アゼルバイジャン地方の商工業の中心地で,またイランとトルコを結ぶ交通の要地。絨緞(じゅうたん)の産地紡績・皮革・食品工業もある。乾果の産でも有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タブリーズ【Tabrīz】

イラン北西部の都市。東アゼルバイジャン州の州都。人口85万2296(1982)。テヘランから628km,テヘランとジョルファを結ぶ鉄道が通る。標高1360m,サハンド山の麓に位置し,年降水量は286mm。冬は積雪をみ,寒さが厳しいが,夏はしのぎやすい。トルコ系の住民が多く,アゼリー(アゼルバイジャン語)と称するトルコ系言語を話す。東西交通の要衝を占めており,東にはカズビーン,北にはジョルファ,北西にはトラブゾンに道路が通ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タブリーズ【Tabrīz】

イラン北西部の都市。ペルシャ絨緞じゆうたんの産地。一三世紀にはイル汗国の首都として繁栄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タブリーズ
たぶりーず
Tabrz

イラン北西部、東アゼルバイジャン州の州都。サハンド山の山麓(さんろく)、標高1362メートルの高地に位置する。人口119万1043(1996)。年降水量は285ミリメートル、冬は寒く降雪をみるが、夏はしのぎやすい。テヘランの北西628キロメートル、イランとアナトリア地方を結ぶ交通の要衝を占め、テヘランとアゼルバイジャン、アルメニアとの国境にあるジョルファを結ぶ鉄道が通じる。トルコ系住民が多く、アゼリーと称するトルコ系言語を話す。地震帯に位置するため何度も震災を受け、たとえば1042年には4万人が死亡したと伝えられている。また1866年にはコレラが流行し、10万人の死者を出した。じゅうたんの集散地として知られる。[岡正孝]

歴史

イランからアナトリア、ジョージア(グルジア)に通じる交通の要地にあったが、本格的に発展したのはイル・ハン国(1258~1353)の首都となってからである。ラシード・ウッディーン(1247?―1318)の建設した新市街だけでも、3万軒の家、24のキャラバンサライ(隊商宿)、1500軒の店があり、400人の法学者、神学者がいたという。商都であると同時に文化の中心地としての性格は、現在まで変わっていない。住民のトルコ化が進行したのも、セルジューク朝時代ではなく、イル・ハン国期であったと考えられる。アク・コユンル、カラ・コユンルの首都となり、カージャール朝(1779~1925)時代にはイラン最初の印刷所が置かれた。立憲革命期には反政府蜂起(ほうき)があり、運動の拠点となった。第二次世界大戦後、東アゼルバイジャン州の州都となり、イランの主要都市の一つとして現在に至っている。[清水宏祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタブリーズの言及

【印刷】より

…モンゴルは欧亜にまたがる大帝国を建てたが,モンゴルとヨーロッパが文化的に密接に接触した2ヵ所の都市があった。その1ヵ所はイル・ハーン国の主都であったペルシアのタブリーズであった。ここではイタリアを中心としたヨーロッパ諸国とのあいだに公式な交渉があり,各国の代表部が置かれ,しばしば使節が派遣された。…

※「タブリーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タブリーズの関連キーワードタブリーズの歴史的バザール複合体パルビーン エテサーミーミール・サイイド・アリーパルビーン・エテサーミージャラール・アッディーンシャリーアト・マダーリーイスマーイール[1世]ウワイス・ジャラーイルイスマーイール(1世)トルコマンチャーイ条約シャムシ・タブリーズボスターンアーバードイブラーヒーム・ベクイル汗国・伊児汗国シャー・セバン族アーガー・ミラクM. ターリボフキャブードモスクハイダル・ハーンアルゲタブリーズ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タブリーズの関連情報