コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・サイード あぶーさいーど

世界大百科事典内のアブー・サイードの言及

【アブー・アルハイル・ハーン】より

…1428年,推戴されてハーン位につくと,キプチャク草原(現,カザフ草原)各地の遊牧勢力を平定して(1446),いわゆる遊牧ウズベク国家を建設。軍事力を背景に,しばしばティムール朝領内に侵入し,51年には,アブー・サイードAbū Sa‘īdの即位を助けるなど,その内政にまで介入した。56年,オイラート族と戦って敗れ,支配下にあった諸勢力の離反に悩まされるなかで没した。…

【ティムール朝】より

…トルコ化・イスラム化したモンゴル族(チャガタイ族)の子孫として中央アジアに生まれたティムールは,1370年マー・ワラー・アンナフル(トランスオキシアナ)の統一に成功,以後絶えまのない征服戦争を敢行し,95年にはモスクワに迫り,98年にはデリーを席巻,1402年にはアンカラの戦でオスマン軍を撃破するなどの大戦果をあげ,ユーラシア大陸の中心部を覆う大帝国を建設した。ティムールの成功は,中央アジア遊牧民の軍事力とオアシス定住民の経済力の結合を基盤として達成されたが,ティムールの没後も,遊牧民的発想に基づく一族の分封制と,時の真の実力者が君主位を占めるべきだとする遊牧民的君主位継承制が尊重され続けた結果,帝国は政治的分裂を避け難く,マー・ワラー・アンナフルとイランという帝国の最も重要な二つの地域を一つの統一体としてまとめえたのは,わずかに第3代の君主シャー・ルフ(在位1409‐47)と第7代の君主アブー・サイードAbū Sa‘īd(在位1451‐69)の両名にすぎなかった。このようにして,後者の死後,帝国はサマルカンドとヘラートをそれぞれの首都とする二つの政権に完全に分裂し,前者は1500年,後者は07年,ともにシャイバーニー・ハーンの率いるウズベク族によって滅ぼされた。…

※「アブー・サイード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone