ウッドクラブ(英語表記)wood club

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ウッドクラブ」の解説

ウッドクラブ
wood club

ゴルフクラブ一種で,飛距離を目的として使用される。当初は頭部に木が用いられたが,現在では金属やカーボン製が多数を占める。打球面の角度の小さいものからに,ドライバー (1番) ,ブラッシー (2番) ,スプーン (3番) ,バッフィー (4番) ,クリーク (5番) の5本が一般的に使われ,番号が大きくなるにつれ,打球の角度が大きく,飛距離が短くなる。普通には使用クラブ数を 14本までと規定したルールの都合上,このうちの3本または4本をプレーヤーの好みによって選択し使用する。ドライバー,ブラッシーの2本は主として第1打用に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウッドクラブの言及

【ゴルフ】より


[クラブ]
 ゴルフクラブの形や構造は規則によって規定されている(図2)。クラブはグリップ,シャフト,ヘッドの三つの部分から成り,ヘッドが木製のものをウッドクラブ,金属製のものをアイアンクラブという。ウッドクラブは基本的に1番(ドライバー)から5番(クリーク)まであり,アイアンは1番から9番までと,アプローチ用のピッチングウェッジ,バンカーから打つサンドウェッジがあり,さらにグリーン上で使うパターがある。…

※「ウッドクラブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android