ウデムシ(読み)うでむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウデムシ
うでむし / 腕虫

節足動物門クモ形綱無鞭(むべん)目ウデムシ科に属する小動物の総称。体はクモを平たく押しつぶしたような形をしており、体長1センチメートルないし数センチメートル。第1脚が非常に細長くしなやかで、これをアンテナ状に前方に伸ばして揺すりながら歩く。無鞭類にはほかにカニムシモドキ科があるが、この類は第6後(こうふせつ)に付着盤をもつが、ウデムシ科はそれをもたない。アフリカ、インド、南北アメリカの多湿な熱帯、亜熱帯に分布、湿地の倒木や石下などに潜んでいる。屋内種もいる。肉食性で、夜間に徘徊(はいかい)し、ゴキブリ、シロアリ、ワラジムシなどを食べる。3亜科10属、約45種が知られている。[森川国康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウデムシの関連情報