コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウフドの戦い ウフドのたたかいUḥud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウフドの戦い
ウフドのたたかい
Uḥud

625年,イスラムの預言者ムハンマドがメッカ軍と戦った戦争。ムハンマドはメッカからメジナに移住 (→ヒジュラ ) したのち,メッカの隊商を襲いはじめた。その防衛のために派遣されたメッカ軍は,624年にバドルの戦いで撃破された。メッカの指導者アブー・スフヤーンは,その報復のためメッカの全軍約 3000名を率いてメジナに進軍し,ムハンマドはメジナの郊外ウフドの地でメッカ軍を迎え撃った。 625年3月 23日に行われた戦闘は当初ムハンマド側に有利であったが,メッカの騎馬隊の奇襲にあってムハンマド軍は混乱し,ムハンマドも負傷した。メッカ軍は報復に満足して引揚げ,ムハンマドは,かなりの犠牲を払ったが,メジナを守りきった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウフドの戦いの関連キーワードハムザ・イブン・アブドゥル・ムッタリブムハンマド(イスラム教の創唱者)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android