ウフドの戦い(読み)ウフドのたたかい(英語表記)Uḥud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

625年,イスラムの預言者ムハンマドメッカ軍と戦った戦争。ムハンマドはメッカからメジナに移住 (→ヒジュラ ) したのち,メッカの隊商を襲いはじめた。その防衛のために派遣されたメッカ軍は,624年にバドルの戦いで撃破された。メッカの指導者アブー・スフヤーンは,その報復のためメッカの全軍約 3000名を率いてメジナに進軍し,ムハンマドはメジナの郊外ウフドの地でメッカ軍を迎え撃った。 625年3月 23日に行われた戦闘は当初ムハンマド側に有利であったが,メッカの騎馬隊奇襲にあってムハンマド軍は混乱し,ムハンマドも負傷した。メッカ軍は報復に満足して引揚げ,ムハンマドは,かなりの犠牲を払ったが,メジナを守りきった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android