ウポポイ(読み)うぽぽい(英語表記)UPOPOY - NATIONAL AINU MUSEUM and PARK

知恵蔵mini「ウポポイ」の解説

ウポポイ

2020年7月に北海道白老(しらおい)郡白老町に開業した国立の施設「民族共生象徴空間」の愛称。失われつつあるアイヌ文化を復興・発展させるとともに、アイヌ文化の発信拠点としての役割を担うことを目的として作られた。「ウポポイ」はアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を味する。同施設は国立民族共生公園として整備され、国立アイヌ民族博物館、体験交流ホール、国立民族共生公園、工房、慰霊施設などで構成されている。アイヌ古式舞踊上演や伝統芸能体験、食文化体験や伝統工芸品の製作体験などをすることができ、アイヌの文化を五感で感じることができる「体験型フィールドミュージアム」と位置づけられている。

(2020-7-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android