コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマルハイヤーム廟 ウマルハイヤームビョウ

デジタル大辞泉の解説

ウマルハイヤーム‐びょう〔‐ベウ〕【ウマルハイヤーム廟】

Ārāmgāh-e Omar Khayyām》イラン北東部の古都ネイシャーブール近郊にある霊廟。四行詩集ルバイヤート」の作者として知られる中世ペルシアの詩人ウマル=ハイヤームを祭る。ハイヤームの墓があった場所に20世紀に建造された。ハイヤームの数学や天文学の業績を紹介する博物館を併設。オマルハイヤーム廟

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ウマルハイヤーム廟の関連キーワードオマール ソーサオマルハイヤーム廟フィッツジェラルドウマル・アル・ハイヤーミーロッシュヌメイリユベントスリバー・プレートムフタル アウェーゾフオーエン コルファー

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone