コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウュルツブルク司教館 ウュルツブルクしきょうかんBischöfliche Residenz, Würzburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウュルツブルク司教館
ウュルツブルクしきょうかん
Bischöfliche Residenz, Würzburg

ドイツ,ウュルツブルクにある司教居館。 B.ノイマンが 1719年以降建設に参加し,建物は 1744年に一応完成したが,内外装ともに 1770年頃まで工事が続き,J.ヒルデブラント,M.ベルシュらさまざまな建築家が造営にかかわった。なかでもノイマンが手がけた広間,大階段室,付属礼拝堂は名高い。隣接する市壁の稜堡に囲まれた狭い空間につくられた庭は,ドイツ・ロココの特色を示し,18世紀後半に完成した。 1981年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウュルツブルク‐しきょうかん〔‐シケウクワン〕【ウュルツブルク司教館】

Würzburger Residenz》⇒ビュルツブルク司教館

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android