コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロモミ(裏白樅) ウラジロモミAbies homolepis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジロモミ(裏白樅)
ウラジロモミ
Abies homolepis

マツ科の針葉高木で,ダケモミともいう。本州中南部と四国,九州の屋久島亜高山帯に生じる。高さ 20~30mに達し,互生する葉は長さ2~2.5cmの線形で,先端はわずかにくぼみ,裏面に幅広い白色の気孔線が2本ある。松かさ状の球果は円柱形で長さ 10cmほどあり,上向きにつく。本州の亜高山針葉樹林の構成種としてシラビソ (白檜曾) オオシラビソ (大白檜曾) とよく似ており,またしばしば混生することもあるが,若枝が平滑でまったく無毛であること,2年目以降の枝には著しい縦溝がある点で区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウラジロモミ(裏白樅)の関連キーワードオオシラビソ(大白檜曾)マツ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android