コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツ科 マツか Pinaceae

2件 の用語解説(マツ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツ科
マツか
Pinaceae

裸子植物マツ目 (針葉樹目) の1科。 10属約 250種があり,そのほとんどが北半球の温帯から亜寒帯および亜高山帯に生じ,タイガ呼ばれる針葉樹林を構成する。例外的に,中央アメリカ西インド諸島大西洋カナリア諸島西アジアの暖温帯から亜熱帯に分布がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツ科
まつか
[学]Pinaceae

裸子植物の常緑または落葉の高木または低木。葉は線形で先はとがるか浅く2裂し、脈が1本ある。雌雄同株。雄性の球花は多数の鱗片(りんぺん)からなり、各鱗片の内側に葯(やく)が2個ある。一般に花粉に気嚢(きのう)があり(ツガ属、トガサワラ属を除く)、風によって飛散しやすくなる。雌性の球花は球形か楕円(だえん)形で、多くの包鱗とその内側にある種鱗からなり、各種鱗の内側に下向きの胚珠(はいしゅ)が2個ある。果期に種鱗は肥大するが、包鱗は肥大せず、膜質かあるいはほとんどなく、種鱗の内側に種子が2個ある。種子は一般には翼があるが、ハイマツのように翼のないものもある。北半球の温帯から寒帯に9属約250種、日本には6属23種分布し、3亜科に分かれる。モミ亜科は長枝と短枝の区別がなく、葉は枝に螺旋(らせん)状につき、球果の種鱗の縁(へり)は肥厚しない。モミ属、ツガ属、トウヒ属、トガサワラ属や、中国原産でときに栽培されるユサン属などがある。カラマツ亜科は長枝と短枝があり、葉は長枝では螺旋状につき、短枝では束生する。球果の種鱗の縁は肥厚しない。カラマツ属、ヒマラヤスギ属がある。マツ亜科は長枝には小さな鱗片状の葉しかなく、短枝には2、3または5枚の葉が対生または輪生し、球果の種鱗の縁は肥厚する。マツ属のみからなる。純林をつくるものが多く木材資源として重要な植物群である。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマツ科の言及

【スギ(杉)】より

…このほか九州各地では挿木林業が盛んで,本来自生のない九州本島が今日広く杉林業地で占められるほどである。 なお,スギの名のつく樹木にはスギ科以外にもナンヨウスギ(ナンヨウスギ科),ヒマラヤスギ,レバノンスギ(以上マツ科),ベイスギ,イトスギ(以上ヒノキ科)などがある。このような普通名の混用は英語のcedarについてもいえ,cedarそのものは,もともとヒマラヤスギ属の樹種ヒマラヤスギやレバノンスギを指すが,エンピツビャクシンred cedar,オニヒバincense cedar(以上ヒノキ科)などの,材に樹脂の多い針葉樹にも広く使われるようになった。…

※「マツ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マツ科の関連キーワード球果針葉樹顕花植物針葉樹林胚珠裸子植物広葉樹植物界原裸子植物前裸子植物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マツ科の関連情報