オオシラビソ

百科事典マイペディアの解説

オオシラビソ

アオモリトドマツとも。本州(中部以北)の亜高山帯にはえるマツ科の常緑高木。シラベよりやや高所にはえることが多い。樹皮は灰青紫色でなめらか。若枝には赤褐色の密軟毛がある。葉は密に互生し,倒披針状線形で裏面は白い。雌雄同株。6月に開花。球果は楕円形で大きく,10月黒紫色に熟する。材はパルプとする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオシラビソ
おおしらびそ / 大白檜曽
[学]Abies mariesii Mast.

マツ科の常緑針葉高木で日本特産種。アオモリトドマツともいう。樹幹は直立し、大きいものは高さ40メートル、直径1メートルに達する。しかし高山の高木限界以上では小高木または低木となる。樹皮は灰白色または灰青紫色で平滑。一年生枝には赤褐色の短毛を密生する。葉は線形で上方に向かってすこし幅広く、先端は円頭またはやや凹頭で長さ1~2センチメートル、表面は濃緑色で光沢があり、裏面には幅広い白色気孔線がある。雌雄同株。6月に開花し、雄花も雌花も枝先につく。球果は大形で柄(え)はなく楕円(だえん)形で長さ5~10センチメートル、幅3~5センチメートル、9~10月に紫藍(しらん)色に熟す。材は建築、器具、パルプなどに利用する。山地の適潤で土壌の深い緩傾斜地などに大群生し、本州の中部地方以北の亜高山帯に分布する。[林 弥栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオシラビソの言及

【トドマツ(椴松)】より

…似た現象は各地のシラビソ林にみられる。オオシラビソA.mariesii Masters(英名Maries’ fir,別名アオモリトドマツ)は球果が大きく藍青色で,苞鱗はまったく超出しない。青森県の岩木山,八甲田山から白山および静岡県千頭(せんず)までの亜高山帯に,シラビソよりわずかに高い標高を占めて分布し,奥秩父や赤石山脈には広大な天然林がある。…

※「オオシラビソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオシラビソの関連情報