白檜曾(読み)しらびそ

精選版 日本国語大辞典「白檜曾」の解説

しら‐びそ【白檜曾】

〘名〙 マツ科の常緑高木。北海道・本州中部以北の亜高山帯に生える。高さ二〇メートル、径六〇センチメートルに達する。樹皮は灰白色を帯び亀裂しない。葉はらせん状に互生するが横枝では左右に開いて二列に並ぶように見え、扁平な線形で先はへこみ長さ二~三センチメートル、裏面には白い気孔線が二本ある。雌雄同株。初夏、単性花をつける。雄花は小さく葉腋(ようえき)につき、雌穂は淡紫色を帯び円柱形。球果は長さ五~七センチメートルの円柱形で暗青紫色。種扇形で基部はくさび形になり、(ほう)鱗は先がそりかえる。種子は大きな翼をもつ。材は建築・器具・経木・パルプ材に用いる。しらべ。りゅうせん。しろつが。〔木曾路名所図会(1805)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android