コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラビソ

2件 の用語解説(シラビソの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シラビソ

シラベ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラビソ
しらびそ / 白檜曽
[学]Abies veitchii Lindl.

マツ科の常緑高木。シラベともいう。大きいものは高さ35メートル、径95センチメートルに達する。幹は直立し、密に葉をつけ、樹冠は先が細くとがった円錐(えんすい)形をなす。樹皮は灰白色または灰青色を呈し、樹脂溜(りゅう)が多い。一年生枝は灰褐色または赤褐色を帯び、褐色の細毛を密生する。葉は枝上に2列に並び、線形で柔らかく、表面は濃緑色、裏面は2本の白色の気孔線がある。雌雄同株。6月に開花し、雄花は卵状長楕円(ちょうだえん)形で小枝に群生し、雌花は円柱形で赤紫色を帯び、前年枝の上に1~3個つき、単生直立する。球果は円柱形で暗青黒紫色を呈し、長さ4~7センチメートル、幅2~3センチメートル。包鱗(ほうりん)は半月形で種鱗の間から飛び出し、先端が反り返る。9~10月、成熟する。種子は倒卵状くさび形で黄褐色、翼がある。本州の福島県吾妻山(あづまやま)から奈良県孔雀岳(くじゃくだけ)までのおもに亜高山帯に群生する。四国の高山には変種のシコクシラベがある。材は建築、器具、土木、パルプなどに利用し、また木は庭木、クリスマス・ツリーなどに用いる。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシラビソの言及

【トドマツ(椴松)】より

…しかし,若い造林木は寒風と晩霜の害を受けやすいので,大面積皆伐跡地やくぼ地を避け,あるいは保護樹帯を設けて植栽する必要がある。 近縁のシラビソA.veitchii Lindl.(英名Veitch’s silver fir,別名シラベ)(イラスト)は高さ40mに達し,球果は暗青紫色でやや小さく,球果上部の苞鱗のみ超出する。福島県吾妻山以南の関東・中部地方太平洋側と紀伊半島大峰山系および四国脊梁(せきりよう)山系の亜高山帯に分布し,富士山や八ヶ岳には広大な純林もみられる。…

※「シラビソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シラビソの関連情報