コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラナミアカシジミ うらなみあかしじみ

2件 の用語解説(ウラナミアカシジミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラナミアカシジミ
ウラナミアカシジミ

アカシジミ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラナミアカシジミ
うらなみあかしじみ / 裏波赤小灰蝶
[学]Japonica saepestriata

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。北海道、本州、四国に分布し、九州には産しない。国外では朝鮮半島、中国東北部、ウスリー地方に産する。はねの開張40ミリメートル内外。はねの地色は橙(だいだい)色、裏面には縦に黒色条が波状に並ぶ。和名の「ウラナミ」はこの特徴による。1年に1回発生し、暖地では6月上旬から中旬、寒冷地では7~8月に出現する。成虫は昼間は食草の葉上に静止し、驚かさなければ飛ばないが、夕暮れには雄は樹上を活発に飛翔(ひしょう)する。幼虫の食草はクヌギ、コナラ、ミズナラ、カシワ、アベマキなどのブナ科の植物。卵で越冬する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウラナミアカシジミの言及

【アカシジミ】より

…雌は食樹のコナラ,ミズナラ,クヌギなどの細枝や休眠芽の基部などに卵を1個ずつ産みつけるが,その際,腹部の鱗粉やごみなどを卵に塗りつけて覆い隠す習性がある。近縁のウラナミアカシジミJ.saepestriataは開張3.5~4.5cm。翅の裏面に多数の黒色の縦縞があり,北海道から四国にかけて分布し,クヌギ,アベマキを好む。…

※「ウラナミアカシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウラナミアカシジミの関連情報