コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラハグサ(裏葉草) ウラハグサHakonechloa macra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラハグサ(裏葉草)
ウラハグサ
Hakonechloa macra

イネ科多年草。日本の特産種で,本州中部の太平洋側に分布し,山地や谷川の崖などに生える。地下茎は屈曲し,鱗片に密におおわれる。茎は細く,よく伸長して垂れ下がり,長さ 40~70cm。葉は狭披針形で長さ 10~20cm,幅4~8mm。葉の上面は帯白色,下面は緑色であるが,基部でねじれて表面が下向きになり,表裏が反転するため「裏葉草」の名がある。花期は8~10月。円錐花序はややまばらで長さ5~15cm,小穂は帯黄緑色で長さ1~2cm,5~10個の小花がつく。芒 (のぎ) は長さ3~5mmで直立し,基盤は伸長して長毛がある。葉に縞の入る園芸品種もある。別名フウチソウ (風知草) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android