ウルグベグメドレセ(英語表記)Ulug'bek Madrasasi

デジタル大辞泉の解説

ウルグベグ‐メドレセ(Ulug'bek Madrasasi)

ウズベキスタン南東部の古都サマルカンドにあるイスラム教神学校レギスタン広場の西側に位置する。15世紀初めに、チムール帝国第4代君主で天文学者歴史家でもあったウルグベグにより創設。2本の尖塔をもち、正面入口のアーチの部分には青い星を描いたタイル模様が施されている。
ウズベキスタン南東部の都市ブハラの旧市街にあるイスラム教の神学校。15世紀初めに、チムール帝国第4代君主で天文学者、歴史家でもあったウルグベグにより創設。現存する中央アジア最古の神学校として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android