コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーロフ Olof Skötkonung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーロフ
Olof Skötkonung

[生]?
[没]1022
スウェーデン王 (在位 995~1022) 。「課税王」とも呼ばれる。エーリック (勝利王) の子。ウップランド王から,初めてスベーア王を称した。デンマーク王スウェイン1世と連合して,ノルウェーオーラフ1世を破った (1000) 。スコネを除く全土を統一して貨幣を鋳造。

ウーロフ
Olof Traetelia

7世紀中頃在世のスウェーデン,ノルウェーのインリング朝の王。父王がデーン王に攻められウップランドで敗死したのち,スウェーデン西部へ逃れ,ベルムランドにインリング朝を再興,ノルウェー統一の始祖になった。森を開いて国をつくったので「木切倒し屋のウーロフ」 Olof Traeteliaと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウーロフの関連キーワードヨハン・アウグスト ストリンドベリエイビンド・O.V. ヨーンソンムーミンやしきはひみつのにおいスウェーデン文学E. ユーソンストリンドベリユーンソンヨーンソン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android