コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法成寺 ほうじょうじ

6件 の用語解説(法成寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法成寺
ほうじょうじ

京都市左京区にあった藤原道長建立の寺。はじめ自邸京極殿の東,賀茂川の西岸に阿弥陀堂を建立し無量寿院といったが,治安2 (1022) 年金堂,五大堂の落成に伴って法成寺と改称。その後薬師堂釈迦堂,十斎堂などが建立され大伽藍を誇ったが,康平1 (58) 年全焼。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうじょう‐じ〔ホフジヤウ‐〕【法成寺】

京都市上京区にあった寺。治安2年(1022)に藤原道長が創建し、荒神口(こうじんぐち)より北、寺町より東にあったと推定される。広壮な規模を誇ったが、のち、火災にあい、南北朝初期に廃絶。通称、京極御堂(みどう)、御堂。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

法成寺【ほうじょうじ】

藤原道長の創建した寺。1020年京極の東辺(東山区本町付近)に阿弥陀(あみだ)堂を建立し,無量寿院といったが,1022年金堂以下落成とともに法成寺と称した。平安時代を代表する大寺だったが,南北朝時代にすたれた。
→関連項目阿弥陀堂氏寺久多荘康尚定朝毛越寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうじ【法成寺】

藤原道長が造営した摂関家全盛期を象徴する大寺。〈御堂(みどう)〉と呼ばれ,道長の〈御堂関白〉という異称も生まれた。1019年(寛仁3)から造営開始。金色の丈六阿弥陀像9体を安置した無量寿院(阿弥陀堂)を中心に,金堂,五大堂,十斎堂,講堂,薬師堂など諸堂の造営は,諸国の受領が争って分担し,その壮麗さは地上の極楽といわれて,《栄華物語》や《大鏡》に詳しい。1027年(万寿4)道長は阿弥陀堂内で,9体の阿弥陀仏の手に五色の糸を結び,《往生要集》の臨終行儀そのままに,西向き北枕に臥し,その糸を手にして念仏の声のなかで最期を迎えたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうじょうじ【法成寺】

京都市左京区の鴨川の西岸にあった寺。1022年藤原道長の建立。顕・密・浄・禅諸宗の混在した寺で、道長は無量寿院に住した。たびたび火災にあい、南北朝時代に廃絶。通称、京極御堂みどう・御堂。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法成寺
ほうじょうじ

平安中期、京都に藤原道長が建立した寺で、現在は廃寺。その位置は、東は鴨川(かもがわ)、西は東京極(きょうごく)(現京都市東側)、南は近衛(このえ)(現荒神口通)にあたる。『栄花(えいが)物語』によると、栄華の絶頂期にあった道長は病気に苦しみ、1019年(寛仁3)3月21日に出家、自らの僧房としての寺院の造営のため、同年7月16日、土御門第(つちみかどだい)の東、鴨川畔に中河御堂(みどう)(阿弥陀(あみだ)堂)の造営を始め、無量寿(むりょうじゅ)院と名づけた。さらに十斎堂、三昧(さんまい)堂を建立した。1021年(治安1)には道長の北方(きたのかた)倫子も出家して、西北院が創建された。翌年には金堂、五大堂の落慶供養(らっけいくよう)が営まれ、法成寺と命名された。その後、薬師堂、後朱雀(ごすざく)天皇の中宮藤原嬉子(きし)のための三昧堂・尼戒壇(あまかいだん)、百体仏の釈迦(しゃか)堂などが次々に造営された。阿弥陀堂内には金色阿弥陀像9体が安置され、1027年(万寿4)道長は阿弥陀仏に五色の糸を結び、念仏の声に包まれて生涯を終えたと伝える。道長の死後も東北院などの堂舎造営が続くが、1058年(康平1)法成寺は全焼した。長男頼通(よりみち)が復興。しかし、その後も火災、地震などにみまわれ、さらに、藤原氏の勢力後退に伴って衰微し、1333年(元弘3・正慶2)廃絶した。そのようすは『栄花物語』『小右記(しょうゆうき)』『扶桑(ふそう)略記』などに記されている。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の法成寺の言及

【藤原道長】より

…かの有名な〈この世をばわが世とぞ思ふ望月のかけたることもなしと思へば〉の歌は,この日の威子の立后を祝う公卿の宴席で,道長がみずから十六夜の月にかけて詠んだ歌である。しかしそのころから道長は病気がちになり,翌年3月出家して行観(のち行覚)と称し,ついで法成寺の造営に力を傾け,20年には無量寿院が完成し,9体の阿弥陀仏が安置された。さらに22年(治安2)には金堂も建ち,法成寺の名も定められ,引き続いて薬師堂や釈迦堂なども造立された。…

【平安時代美術】より

…膝の部分は後補であるが,上体のバランスがよく,気品のある忿怒相は,まさにこの時代の中央での作風を示すもので,康尚の作に比定されている。彼は20年(寛仁4)道長発願の法成寺(ほうじようじ)無量寿院丈六九体阿弥陀像造顕に子息定朝とともにたずさわるが,これより康尚の地盤は定朝に引きつがれ,定朝はやがて仏師としてはじめて僧綱位を受け,寄木造の完成や仏所の組織化が彼の功績に数えられ,彼の作品は〈仏の本様〉と称され,後世の規範とされたのである。彼の現存唯一の作品である平等院鳳凰堂阿弥陀如来像は,まさにそのことを証する傑作である。…

※「法成寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法成寺の関連キーワード一条家平等院五輪旗持明院象徴的摂関時代万寿藤原嬉子下毛野氏藤原摂関家渡領

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法成寺の関連情報